LIXIL ガーデンルーム神奈川シェアNo.1 モーニングガーデン

Morning Garden BLOG - 職人・現場

2018
9.1

リクシルタイルデッキをジーマの中に貼っています。

こんばんは。

ガーデンルーム神奈川シェアNO,1のモーニングガーデンの小林です。

今日は只今工事中のリクシルのタイルデッキを紹介します。

通常タイルデッキはテラス用(外用)に施工するのが一般的だと思いますが

モーニングガーデンでは、ガーデンルームのインナータイルデッキとして施工することができます!

ジーマの室内にコンクリート平板を施工するのは、樹ら楽ステージと一緒ですが

アルミ下地はタイルデッキ仕様にして、タイルデッキを貼っていきます。ここまでは外に貼っても中に貼っても変わりませんが、モーニングガーデンが施工するインナータイルデッキは少し違います。

折戸パネルの部分(3面)のタイルデッキも、1枚1枚カットしていきます。

レールの段さの所も職人さんが丁寧に手作業で加工しています。写真ではわかりにくいと思いますが、タイルデッキの大きさは600㍉×600㍉×20㍉のもので、2センチの厚みのタイルをカットしていく作業はとても大変です。

建物側の所のタイルは、10センチにカットしています。通常(リクシルの規定)のアルミ基礎下地では10センチのタイルには対応できないので、汎用部材のLアングルを現場で加工して、タイルが張れるように工夫しています。

こちらの写真は、タイルデッキの下側の部分です。ジーマの室内のインナータイルデッキ仕様なので、アルミ目地材の所の下に、アルミ根太が入らないところにテープを貼っています。なぜ?と思われるかもしれませんが、アルミ根太がないと言うことは、目地材の所に少し隙間ができるということです。すき間ができるということは、ジーマの室内にすき間風が入ってしまうということになります。そのために1ヶ所1ヶ所テープを貼っています。地道な作業ですが、風や虫が入らないようにするためには、重要な工事になります。

 

9月中旬には工事が完成する予定です。ジーマとタイルデッキの完成が楽しみですね~それではこちらの現場の完成写真は、後日施工例でアップしますので、そちらもご覧になって下さい。

よろしくおねがいします!

2018
3.10

雨漏りを防止する水切り部材を紹介します。

こんばんは。

ガーデンルーム専門店のモーニングガーデンの小林です。

本日はエクシオールジーマに取り付けた「水切り部材」を紹介します。

こちらの写真が水切り部材です。どう使用するかというと外壁とガーデンルームがくっつくところの上に「水切り部材」をのせる感じです。まぁ屋根に屋根をかけるイメージでしょうか。

もちろん外壁にビスで穴をあけることなく、水切り部材を取付けています。

トリイメソッドの桁部材の上に水切り部材がのっていますね。

すき間はすべてコーキングをして、ガーデンルーム内に雨水が入らないように処理しています。

水切り部材はガーデンルームのコーキングの劣化をふせぎ、雨漏りのリスクも減らす優れものの部材です。

ガーデンルームを計画されている方は取付けることをおすすめします!

ちなみに販売価格は11.200円(税別)です。

2018
3.2

外壁に換気口があってもジーマが建てられます。

こんばんは。

ガーデンルーム専門店のモーニングガーデンの小林です。

今回は、前回ご紹介した「境界フェンスギリギリに建てられたジーマ」の現場のつづきになります。

こちらのお客様のジーマは、サッシの高さに床のレベルを合したので

どうしてもジーマの垂木掛け(屋根部材の一部)に、外壁から出る換気口が干渉してしまったので、部材を現場で加工してジーマを建てました。

こちらの写真は換気口のアルミカバーを外した状態です。垂木掛けの所にどんぴしゃであたってしまいます。

アルミの換気口カバーを加工して、ジーマの水切りもカットして取り付けられています。

ここでたぶん疑問がわくと思いますが「換気口から出る湿気はどこに出るのだろうか?」と…

答えはこちらの写真です。トリイメソッド部材(桁材)の中を通して外に排出されるようにしています。(防虫目皿のところから)

なかなか大変な現場ではありましたが、お客様に喜んでいただきました。ありがとうございました。

相模原市緑区F様邸のジーマでした。

 

2018
3.1

ジーマならフェンスギリギリでも折戸が開閉できます。

こんばんは。

ジーマの専門店のモーニングガーデンの小林です。

今回は境界フェンスギリギリにジーマを建てた施工例を紹介します。

施工写真① ジーマの正面にはアルミフェンスが建てられています。フェンスはジーマが建てられた後に取り付けました。

施工写真② フェンスが取り付けられても、ジーマなら扉を開けることができます。

施工写真③ ジーマのサイズは2.5間×8尺タイプの出幅を加工しています。

施工写真④ フェンスとの隙間は、ジーマの主柱分あけています。ジーマの扉は横にスライドできるので、フェンスが取り付けられていてもフルオープンにできます。

これから暖かくなる春のシーズンは、折戸をあけて開放的な空間になります。

お客様もお友達とのBBQやお食事にお使いいただき、とても楽しまれています。

ジーマをご検討されている方は参考にしてください。

 

2018
2.22

トリイメソッドの応用編(軒下に取り付けた場合です)

こんばんは。

「ガーデンルーム専門店」のモーニングガーデンの小林です。

今日はとても寒い1日でしたね…

お昼はうどんをいただき、夜はお鍋をいただきました。

体の中からあたたまりました。

 

さて今日ご紹介するトリイメソッドは応用編になります。

下の写真のように、軒下にガーデンルームを設置する時に、トリイメソッド組んで取付ける方法に使えます。

トリイメソッドの柱と桁部材を、外壁ぎりぎりに建てるのではなく、外壁から離れた軒下に建てます。

軒下にアルミ角材(桁)をピッタリと付けて建てます。ここがガーデンルームを取付ける壁の代わりになります。

アルミ角材の接合部分(柱と桁)

しっかりとコンクリート基礎を打って固定して柱を建てます。

軒下にトリイメソッドを建てた正面からの写真です。

ガーデンルームココマⅡがぴったり建てられました。トリイメソッドの柱の後ろ部分は、ポリカーボネート板をFIXパネルとして使用して塞ぎました。

ヘーベルハウスに設置したココマⅡを紹介しました。

軒下にガーデンルームの設置をご検討されている方は参考にしてください。

 

2018
2.18

今あるタイルテラスにジーマが建てられます。

おはようございます。

ガーデンルーム「ジーマ」の専門店モーニングガーデンの小林です。

よく晴れた日曜日ですね~ みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私はこれから、静岡市にお住まいのお客様のお宅にココマのお打ち合わせに伺います。

車の運転は大好きなので、ちょっとしたドライブで楽しみです!

 

さて今日ご紹介する施工事例は、今あるタイルテラスにジーマを設置したケースを紹介します。

こちらが初めてお伺いした時のお庭(タイルテラス)の写真です。

このテラスはご主人とお友達の石張りの職人さんと造ったものです。しかっりと造られていて水勾配もとられていました。

 

そしてこちらが当社でジーマを建てた後の写真です。

ジーマが設置された後も違和感なく自然な感じで建てられていますよね~ そしてご主人がタイルテラスを造るときに、ジーマのサイズを計算して造っているのです。すごいですねー!

そして工事の手順の写真をご覧ください。

①トリイメソッドの柱が建つ部分にカッターを入れていきます。

②カッターを入れたらタイルとコンクリートを解体して穴を掘ります。柱の埋込の目安は50cmくらいです。

③前の四角くカットされたところは、ジーマの主柱が建てられるところです。細くカットされたテラス土間の部分は、折戸パネルのレール(ベース材)が入る部分になります。

④前のジーマの主柱が建てられる部分も穴があけられました。

⑤前の柱の穴は基礎コンクリートを流し込んで塞ぎ、そのあとに今まで貼られていたタイルと同じものを張りなおしています。

⑥レール部分も同じタイルが張られました。ジーマが後から建てられた感じがまるでありませんね~ 今までのタイルテラスは水勾配があったので、レールの部分が斜めになっているのがわかると思います。あまり違和感が感じられません。

お客様のご相談をいただくなかで多い質問の「今まであるタイルのテラスにガーデンルームが建てられますか」についてのブログをアップしました。

参考にしてください。